Skip to main content Skip to first level navigation
Skip to main content First level navigation Menu
お問い合わせ 企業情報 採用情報 株式会社リコー
Breadcrumbs
Facebook (Open link in new window) YouTube (Open link in new window) LinkedIn (Open link in new window)
Main content

ニュースリリース

IoTエッジ端末として使用できる環境センサーボード「RIOT-001」を発売
温度、湿度、気圧、照度をエナジーハーベストでデータ収集

2020年1月23日
リコー電子デバイス株式会社

リコー電子デバイス株式会社 (代表取締役社⻑︓⽥路 悟) は、IoT実証実験などで使用できる環境センサーボード「RIOT-001」を発売します。

環境センサーボード「RIOT-001」は、温度・湿度・気圧・照度がモニタできるボードです。Bluetooth Low Energy (BLE) を使って送信されるこれらの情報 (5 秒間隔) を、専用のアプリをインストールしたスマートフォンやタブレット端末に表示することができます。

「RIOT-001」 は、当社のエナジーハーベスト用、超低消費電流、低ノイズの各電源IC を搭載しており、IoTエッジ端末で要求される⾃⽴発電・電池の⻑寿命化・⾼精度を実現しています。 お客様のIoT エッジ端末開発の容易化および⼯期短縮に貢献できる評価・開発ボードです。

RIOT-001
RIOT-001

製品名 環境センサーボード「RIOT-001」
サンプル価格 19,800円 (1個購⼊時の参考価格)
サンプル受注開始日 2020年1月23日
ボードサイズ (耳部分を除く) 25 mm x 25 mm

※このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。

環境センサーボードと同時にコイン電池ボード「RIOT-C01」も発売

コイン電池ボード「RIOT-C01」は、環境センサーボード「RIOT-001」専用のコイン電池ボードです。
CR2032 を搭載したコイン電池ボードを環境センサーボードに取り付けることで、5 秒間隔BLE 通信で、約1 年半の稼働が可能です。(あくまでも目安とご理解ください)

製品名 コイン電池ボード「RIOT-C01」
サンプル価格 4,980円 (1個購⼊時の参考価格)
サンプル受注開始日 2020年1月23日

※このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。

環境センサーボード「RIOT-001」の主な特長

1. 太陽電池から二次電池に充電

エナジーハーベスト用 降圧DC/DC コンバータ R1800 を用いて、太陽電池から電⼒を取り出し、2 次電池に充電します。最⼤電⼒点の制御機能により、太陽電池の発電量が最⼤になる電圧に設定することが可能なので、ご利用の太陽電池に合わせた設定が可能です。また逆流防⽌回路の搭載により、充電ロスを防ぎます。このような様々な機能を搭載することで、太陽電池から非常に効率の良い電⼒の取り出しが可能となります。

2. ⾼効率で稼働

超低消費電流 昇降圧DC/DCコンバータ RP604 を用いて、MCU・BLE・センサーを動作させるため、スタンバイ・アクティブ動作ともに⾼効率で動作させることができます。また、動作電圧範囲が1.8 V ~ 5.5 Vと広範囲であるため、二次電池の電⼒を有効に使うことができます。

※ 「RP604シリーズ」は、"超低消費、⾼効率で、⼊⼒電圧が変化しても、出⼒電圧が⼀定" という使いやすさで、お客様に⼤変好評をいただいており、2019年"超"モノづくり部品⼤賞の「電気・電子部品賞」を受賞いたしました。

3. 低消費バッテリーモニタ機能

二次電池のバッテリーモニタは、⼀般的には、外付け分割抵抗を用いてMCU のADC に⼊⼒することで⾏いますが、消費電流が⼤きくなる課題がありました。そこで、バッテリーモニタアシスト機能を持ったLDO レギュレータ RP124 を用いることで、省⾯積化、低消費電流で容易に二次電池電圧をモニタすることができます。

4. メンテナンスフリーを実現

二次電池にはニチコン株式会社製小形リチウムイオン二次電池SLB シリーズ (SLB03070LR35) を搭載しています。フル充電された二次電池で、「RIOT-001」は約20 時間稼働し続けることができます。(あくまで目安とご理解ください)

※ ニチコン株式会社 二次電池SLBシリーズについて https://www.nichicon.co.jp/products/slb/

リコー電子デバイスはCMOSアナログ技術を強みに、今後もIoT機器に低消費・低ノイズ・小型の半導体製品を提供し、お客様の競争⼒強化をサポートしてまいります。


| リコー電子デバイスについて |

リコーの半導体事業は1981年に株式会社リコーの一部門としてスタートし、外販も含めて30年以上に渡り事業展開を行ってきましたが、変化の激しい半導体業界で迅速な経営判断を行うために、2014年10月よりリコー電子デバイス株式会社として再スタートし、さらに2018年3月より日清紡ホールディングスの一員として更なる成長を目指しております。

当社は半導体デバイスの企画から開発・生産・販売・品質保証まで一貫した機能を保有し、CMOSアナログ技術をコアとして、携帯機器や車載・産機市場向けの小型・低消費電力・高耐圧・大電流の電源ICや小型で高精度なLi電池保護ICなどを提供し、お客様製品の付加価値向上に貢献しています。

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。

報道関係者様へ

RIOT-001 製品画像ダウンロード

高解像度の製品画像がダウンロードできます。

ご利用条件:
画像として掲載されている画像データは、リコー電子デバイス株式会社 (以下、当社) が著作権その他の権利を有しております。
画像は、各種報道機関が、当社および当社の各商品を紹介するためにのみご利用(複製、アップロード、掲示、頒布、出版等を含む)いただけます。それ以外のご利用は、事前に当社の文書による許諾がない限り、禁止いたします。

お問い合わせ先

リコー電子デバイス株式会社 営業部

受付時間: 平日 9時 ~ 17時 (土日、祝祭日、当社休業日を除く)

045-277-0014 (直通)

lsi-support@e-devices.ricoh.co.jp