Skip to main content Skip to first level navigation
Skip to main content First level navigation Menu
お問い合わせ 企業情報 採用情報 株式会社リコー
Breadcrumbs
Facebook (Open link in new window) YouTube (Open link in new window) LinkedIn (Open link in new window) ニュースレター登録
Main content

[ 解決事例 ]
回路設計トラブル編
~急遽追加するボルテージディテクタ (リセットIC)~

回路設計トラブル編~急遽追加するVD

急遽の「困った!」を解決します

ほぼ基板の設計が終わっていたのに、後段ICの仕様に落とし穴が…そんな時に急遽、対策部品を追加することはよくあることです。

ここでは、過去にあった事例をご紹介します。トラブル時にどんな対応をしたら良いかを知っておくと余計なトラブルの回避もでき、また起きたとしても迅速に解決できたりします。ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

第2回:急遽追加するボルテージディテクタ (リセットIC)編

リセットICは、マイコンの電源電圧監視などの用途として一般的に使われていますが、最近ではほとんどのマイコンに電圧監視機能が内蔵されています。しかし、リセットICは電源電圧を監視するだけではありません。

今回は、もともと使用する予定のなかったところにリセットICを追加した事例を紹介します。

トラブルが起きた背景

アプリケーションの起動の際に、メカスイッチを使って確実に"L"レベルの電圧にしておきたいノードがあった。しかし実際に起動させてみると、その電圧が不安定な状態で、確実な"L"レベルの電圧を一定時間出し続けることが出来ていなかった。

基板の大幅な回路変更は出来ず、面積も大きく増やせない状況でした。問題の箇所はNMOSFET(以下:FET)に接続しているため、確実にゲート信号を一定時間"L"レベルの電圧にしなければならない。

画像:急遽シリーズVD

お客様の課題と検討項目

実際のお客さまの環境を確認すると、以下のことが分かりました。
トラブルを解決するためには、いくつかの事項を考慮に入れる必要があります。

お客様へのヒアリング 把握しておくべき項目と検討しておくべき項目
メカスイッチは押すとGND に接地し、離すとプルアップ電圧(3V)になる。 メカスイッチにつながっているFETを確実に駆動できる電圧
メカスイッチの先につながっているFETを駆動する際、FETのゲート電圧は安定した”H”レベル、"L"レベルである必要がある。この事例のFETをON/OFFさせるためには、"L"レベルの電圧は0V、"H"レベルの電圧は1.8V付近の電圧が必要であった。 ノード後段のFETを確実に駆動できる電圧
追加するリセットICが電圧の上昇を監視し、出力信号が"L"から"H"になる時の解除遅延時間はある程度必要。 遅延時間
実装面積はなるべく小さくしたい。 実装面積の考慮

今回は、リセットICを信号ラインに追加することで、不具合を解消することが出来た事例でした。
不具合の背景やその特長を鑑みて製品を選択することで、的確にトラブルを改善することが出来ます。

お問い合わせ

お問い合わせ

お困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談