Skip to main content Skip to first level navigation
Skip to main content First level navigation Menu
お問い合わせ 企業情報 採用情報 株式会社リコー
Breadcrumbs
Facebook (Open link in new window) YouTube (Open link in new window) LinkedIn (Open link in new window)
Main content
質問

入力電圧が出力電圧より低くなるとどうなる?

回答

LDOレギュレータ使い方

システムオフ時など入力電圧が低下しても、出力コンデンサに電荷が残っていて

入力電圧<出力電圧

となる場合があります。この場合、出力端子から入力端子に逆流電流が流れます。入力回路の抵抗が大きく逆流電流が数十mAに制限される場合は問題ありません。逆流電流が数秒のあいだ数百mA以上流れる恐れが有る場合は出力端子-入力端子間にショットキダイオードを挿入してください。(Fig.1)

LDOの出力端子に別の電源からLDOの入力電圧よりも0.3V以上大きい電圧を印加すると、IC内部の寄生ダイオードを通して出力端子から入力端子に流れる逆流電流が大電流を流す寄生素子の動作のトリガとなって破壊することがあります。この対策が必要な場合は出力端子-入力端子間にショットキダイオードを挿入してください。(Fig.2)

弊社のLDOの逆流防止機能は出力端子から入力端子への逆流電流を阻止しますので、逆流防止用ダイオード (Fig.2) や出力端子-入力端子間にショットキダイオードを挿入する必要がありません。

逆流防止機能例

メールでのお問い合わせ

お困りごとが解決しない場合は、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ