Skip to main content Skip to first level navigation
Skip to main content First level navigation Menu
お問い合わせ 企業情報 採用情報 株式会社リコー
Breadcrumbs
Facebook (Open link in new window) YouTube (Open link in new window) LinkedIn (Open link in new window)
Main content
質問

直列等価抵抗(ESR)の選び方は?

回答

LDOレギュレータ使い方

最新のLDOはセラミックコンデンサを推奨しています。

データシートにESR対出力電流特性例が載っていますので、ESRがそのグラフで網掛けされている領域に入るコンデンサを選択してください。セラミックコンデンサ以外を使用する場合もグラフの網掛け領域のESR値を持つものを選定してください。

直列等価抵抗値対出力電流特性例

R1116 シリーズの例

ノイズレベルが40µV (平均値) 以下になる出力電流IOUTと直列等価抵抗ESRの関係を示します。

測定条件
C2 GRM155B30J105KE18B (村田製作所製)
ノイズ周波数帯域 10Hz~1MHz
測定温度 25℃
網掛け部分 ノイズレベルが40µV(平均値)以下
メールでのお問い合わせ

お困りごとが解決しない場合は、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ