Skip to main content Skip to first level navigation
Skip to main content First level navigation Menu
お問い合わせ 企業情報 採用情報 株式会社リコー
Breadcrumbs
Facebook (Open link in new window) YouTube (Open link in new window) LinkedIn (Open link in new window)
Main content
質問

リセットICの出力の種類は?

回答

ボルテージディテクタ

Nch.オープンドレイン出力とCMOS出力

リセットICの出力にはNchオープンドレインとCMOSの2種類があります。リセットICの電源とリセット信号を受けるMPUの電源が同じであるか、別系統の電源かによって、この2種類から適切な出力形態を選択してください。
リセットICとMPUが同じ電源系である場合にはCMOS出力が使用できます。しかし、別電源系である場合にはNchオープンドレイン出力を使用してください。その際には出力端子をMPUのI/O電源にプルアップすることで、MPUに最適な入力電圧になります。

CMOS出力で接続

CMOS出力で接続

Nch.オープンドレイン出力で接続

Nch.オープンドレイン出力で接続

SENSE端子分離型

リセットICには、ICが動作するための電源 (VDD端子) と電圧を監視するための入力 (SENSE端子) を1端子で行っている製品と、それぞれ別にしているSENSE端子分離型の2つのタイプがあります。
SENSE端子分離型は、VDD端子に動作電源電圧が供給されていればSENSE端子の入力電圧が低くても出力が不定になることが無いため、低い電圧を監視する回路に適しています。

リセット反転品 ("H"リセット品)

通常のリセットICは、監視する電圧が検出電圧値を下回った場合に、"L"レベルを出力します。それに対してリセット反転品は、"H (Hi-Z)" レベルを出力します。

VDD端子に動作電源供給と監視機能の両方の機能のある製品では、VDD端子への入力電圧が最低動作電源電圧以下の場合、リセットICが正常に動作しないため、リセット信号の出力が不定となってしまいます。出力がNchオープンドレインタイプかつ反転品 ("H"リセット品) であれば不定状態にならず、機器の制約などによりSENSE端子分離型が使用できない場合でも、安定した出力が必要な回路に使用することができます。

R3111

メールでのお問い合わせ

お困りごとが解決しない場合は、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ