Skip to main content Skip to first level navigation
Skip to main content First level navigation Menu
お問い合わせ 企業情報 採用情報 株式会社リコー
Breadcrumbs
Facebook (Open link in new window) YouTube (Open link in new window) LinkedIn (Open link in new window)
Main content
質問

時計情報の有効無効判別とは

回答

リアルタイムクロック機能

リコーのリアルタイムクロックにはパワーオンリセットフラグ、発振停止検知機能、バッテリチェッカ機能がついています。
これらを組み合わせることで時計データの有効無効判別、バックアップ電池の電圧低下の検出が可能です。

  • パワーオンリセットフラグ
    電源がバックアップからでなく0Vから立ち上がった事をレジスタにフラグとして格納しています。
  • 発振停止検知機能
    発振が停止した事をレジスタに記憶します。電源が0Vから立ち上がった時、最初、直ぐには発振が開始されないため、このレジスタで確認することができます。
  • バッテリチェッカ
    ある電圧を一度下回ると、レジスタに記憶されます。バックアップバッテリの電圧チェックに有効です。
メールでのお問い合わせ

お困りごとが解決しない場合は、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ