Skip to main content Skip to first level navigation
Skip to main content First level navigation Menu
お問い合わせ 企業情報 採用情報 株式会社リコー
Breadcrumbs
Facebook (Open link in new window) YouTube (Open link in new window) LinkedIn (Open link in new window)
Main content
質問

ボルテージディテクタのヒステリシスについて教えてください。
ヒステリシスの間では出力はどうなりますか?

回答

ボルテージディテクタ機能

通常、ボルテージディテクタでは、立下り時の閾値 (検出電圧) と立上り時の閾値 (解除電圧) に電圧差を設けています。
この電圧差をヒステリシス電圧 (幅) と呼びます。
ヒステリシスが無いと、検出電圧付近の電圧で、検出信号がチャタリングしてしまう恐れがあります。

ヒステリシスの間は、監視電圧が低下する方向の場合、検出電圧を下回るまで出力はLになりません。
監視電圧が上昇する方向であれば、解除電圧を上回るまでHにはなりません。
詳細は以下の図をご参照ください。(* 検出時=H出力の場合はその逆)

動作状態説明

メールでのお問い合わせ

お困りごとが解決しない場合は、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ