Skip to main content Skip to first level navigation
Skip to main content First level navigation Menu
お問い合わせ 企業情報 採用情報 株式会社リコー
Breadcrumbs
Facebook (Open link in new window) YouTube (Open link in new window) LinkedIn (Open link in new window)
Main content
質問

ウインドウボルテージディテクタとは何ですか?
どのようなところで使われていますか?

回答

ボルテージディテクタ機能

一般的なボルテージディテクタは、監視している電圧が下がってきたとき、あるいは上がってきたときの一方向で検出信号を発生します。

ウィンドウボルテージディテクタは、ある範囲を超えたとき(ある範囲より上でも下でも)検出信号を発生します。監視している電源が正常範囲内にあるかどうかを検出することができます。

用途としては、車載ECU, ADASなどのASIL-B/C/D システム, EVの インバータや充電制御などのコントロールユニットがあります。

タイミングチャート

  • 出力電圧が
    • オーバーシュートした場合
    • アンダーシュートした場合
    いずれもリセット信号を出します。
  • UV / OV個別にリセット出力を持っています。
    (UV / OV出力を1つの出力にマージしている製品もあります。)
  • どういう異常か識別 (故障診断) のためUV / OVを分けたいというニーズもあります。
メールでのお問い合わせ

お困りごとが解決しない場合は、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ