Skip to main content Skip to first level navigation
Skip to main content First level navigation Menu
お問い合わせ 企業情報 採用情報 株式会社リコー
Breadcrumbs
Facebook (Open link in new window) YouTube (Open link in new window) LinkedIn (Open link in new window)
Main content
質問

LDOの消費電流とは何ですか?消費電流の小さいLDOのメリットとデメリットを教えて下さい。

回答

LDOレギュレータ使い方

負荷電流がゼロのときのLDOの入力電流を消費電流といいます。LDO回路が動作するためにIC内部に流れる電流です。

ICの消費電力は、 入力電圧 × 消費電流 + (入力電圧 - 出力電圧) × 負荷電流 になります。
負荷電流が非常に小さい場合は、IC自身の消費電流も無視できないものになります。

電池駆動のアプリケーションで、常時動作する回路ブロックへの電圧供給に消費電流が小さいLDOを使うと電池が長持ちします。一方、消費電流が小さいLDOは、消費電流が大きなLDOよりも応答性が劣るという欠点があります。

リコー電子デバイスのラインアップには、少ない消費電流と良好な応答性を兼ね備えた、モード切替機能付きのLDOがあります。

LDOの消費電流

メールでのお問い合わせ

お困りごとが解決しない場合は、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ