Skip to main content Skip to first level navigation
Skip to main content First level navigation Menu
お問い合わせ 企業情報 採用情報 株式会社リコー
Breadcrumbs
  • ホーム
  • FAQ (よくあるご質問)
  • DC/DCコンバータのヒカップ保護とは何ですか?ラッチ保護とヒカップ保護はどのように使い分けますか?
Facebook (Open link in new window) YouTube (Open link in new window) LinkedIn (Open link in new window)
Main content
質問

DC/DCコンバータのヒカップ保護とは何ですか?ラッチ保護とヒカップ保護はどのように使い分けますか?

回答

DC/DCコンバータ保護回路

出力過電流や出力端子ショートなどで保護動作となる閾値を超えた場合、出力をOFFします。その後、ヒカップ保護の場合はソフトスタート動作で自動的に出力をONし、保護動作となった原因が取り除かれていればそのまま動作します。しかし、保護動作となった原因が取り除かれていない場合は再び出力をOFFします。その繰り返しがまるでヒカップ (しゃっくり) のような動作であることからこのように名付けられています。

一方ラッチ保護は、自動的に復帰せずに電源電圧再印加 (電源=OFF→ON) やシステム上のホスト等から再起動の命令 (Enable=OFF→ON) がない限り出力をOFFしたままにする保護の方式です。

使い分けとしては、電源電圧再印加や再起動命令を出すことができないシステムの場合、一定時間後に自動的に復帰するヒカップ保護を選択します。一方ラッチ保護の場合はより安全性を重視し、システム上で再起動信号を出すか、電源電圧再印加がない限りは出力をOFFしたままにしなければならない場合に選択します。

ヒカップ保護のタイミングチャートの一例

EXT: スイッチング素子 (PMOS FET) を駆動するゲート信号

ヒカップ保護のタイミングチャートの一例

異常を検知した後出力をOFFし、一定期間後にソフトスタート動作で再起動するが、異常状態が解除されないと再び出力をOFFします。

メールでのお問い合わせ

お困りごとが解決しない場合は、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ