Skip to main content Skip to first level navigation
Skip to main content First level navigation Menu
お問い合わせ 企業情報 採用情報 株式会社リコー
Breadcrumbs
Facebook (Open link in new window) YouTube (Open link in new window) LinkedIn (Open link in new window)
Main content
質問

強制PWMとPWMの違いは何ですか? どのように使い分ければいいですか?

回答

DC/DCコンバータ機能

通常PWM制御では、軽負荷時にコイル電流の逆流を防止させるよう動作しますが、強制PWM制御はコイル電流を逆流させることで不連続モードを無くしています。そのため、軽負荷時や入出力電圧差が小さい場合においても、不連続モードに入ることなくPWM動作が可能です。

軽負荷時のリンギングは、アンチリンギングの機能があれば対応できますが、入出力電圧差が小さくバーストしやすい場合は、入出力電圧差等によってパルス幅が固定される強制PWMの方が有利になります。

またアンチリンギング機能がない場合は、強制PWMの対応が軽負荷リンギングの対策になります。軽負荷時の効率は犠牲になりますが、よりノイズに強くしたい場合は、強制PWMの方が有利です。

通常PWM

通常PWM

通常PWM (アンチリンギング機能)

通常PWM (アンチリンギング)

強制PWM

強制PWM

メールでのお問い合わせ

お困りごとが解決しない場合は、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ