Skip to main content Skip to first level navigation
Skip to main content First level navigation Menu
お問い合わせ 企業情報 採用情報 株式会社リコー
Breadcrumbs
Facebook (Open link in new window) YouTube (Open link in new window) LinkedIn (Open link in new window)
Main content
質問

リコー電子デバイスの2セルリチウムイオン保護IC、R5464シリーズに備わっているアラーム機能とはどのようなものですか?

回答

リチウムイオン電池用保護IC機能

日本の法規「電気用品安全法」(以後、電安法と記述します) で定められた基準を満たすために導入した機能です。

一定電圧を超えた場合に、アラーム端子から信号を出力する機能で常温と高温 (概ね45℃以上) でアラーム検出電圧を切り替えます。従来のリチウム保護ICに備わっている過充電検出電圧より低い電圧に設定し、その電圧を超えた場合にシステム側に過充電アラームを知らせることを目的とした機能です。

電安法が定める特定の高容量リチウムイオン電池において、過充電の2重保護が求められています。

1セルリチウムイオン電池においては、充電器が1st保護でリチウム保護ICが2nd保護の役割を果たせますが、2セル以上の多セルでは、充電器は多セルトータルの電圧しかモニタできず、過充電保護の機能を持ちません。
そのため、2セル以上の多セルでは、2重保護を行う必要があります。

アラーム機能を有するR5464 は一つのICでそれぞれの電圧を2段階の高電圧を検出することが可能となります。

アラーム信号出力例

アラーム信号出力例1

アラーム信号出力例2

メールでのお問い合わせ

お困りごとが解決しない場合は、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ