Skip to main content Skip to first level navigation
Skip to main content First level navigation Menu
お問い合わせ 企業情報 採用情報 株式会社リコー
Breadcrumbs
Facebook (Open link in new window) YouTube (Open link in new window) LinkedIn (Open link in new window)
Main content
質問

力率とはなんですか? なぜ力率をよくしないといけないのですか?

回答

AC/DCコンバータ使い方

力率は交流電源 (AC電源) の効率に関して定義された特性です。

交流電圧 (AC) を直流電圧 (DC) 変換を行う回路において、一般的に交流電圧を整流ブリッジで全波整流しコンデンサで平滑化し直流電圧に近づけます。この平滑化にコイルやコンデンサを使用すると、交流の電圧と電流に位相差が生じますが、この位相差を力率と言います。位相差が生じることで、供給された電力よりも少ない電力しか有効に消費されなくなります。

このように、力率は供給 (皮相) 電力と消費 (有効) 電力の関係を比で表しているので、交流電源での効率計算の際に使用され、理想的な力率は1となります。

力率が悪いということは、供給電力に対し消費電力が過剰に供給されることになり、電力設備に負荷がかかってしまうのです。

メールでのお問い合わせ

お困りごとが解決しない場合は、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ