Skip to main content Skip to first level navigation
Skip to main content First level navigation Menu
お問い合わせ 企業情報 採用情報 株式会社リコー
Breadcrumbs
Facebook (Open link in new window) YouTube (Open link in new window) LinkedIn (Open link in new window) ニュースレター登録
Main content
質問

絶縁AC/DCコンバータと非絶縁AC/DCコンバータはどのように使い分ければいいのか教えて下さい。

回答

AC/DCコンバータ使い方

AC/DCコンバータには電気的に絶縁できるものとそうでないものがあります。

絶縁タイプでは、電気の導通部分から人体の安全を確保したり、GNDを共有せずに回路を分割する事でセンシティブな回路のノイズ耐性を上げることができます。絶縁は、一般的にトランスで実現しています。

絶縁か非絶縁かの使い分けは、お客様が求める機器に応じてご判断いただく必要があります。

絶縁電源は2次側が短絡したときの安全性や、電磁ノイズ環境対策のために活用されており、入力電圧の広い範囲で変換効率の良い動作が可能です。

非絶縁電源は絶縁電源より小型化できる特徴があります。

絶縁された筐体内といった環境で回路を組む場合は電気的に絶縁する必要がないので非絶縁電源を使用します。代表的なアプリケーションとして、LED照明が挙げられます。

当社製品のAC/DC電源 R1700シリーズは、非絶縁のPFCになります。

メールでのお問い合わせ

お困りごとが解決しない場合は、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ